平和はW杯の時だけだった 南ア、試合延期のスゴイ理由

[ 2011年2月5日 08:49 ]

 昨年のサッカーW杯南アフリカ大会の開幕戦や決勝戦が行われた同国最大都市ヨハネスブルクの競技場周辺で電線が盗まれる事件があり、競技場の電力確保に支障が出たため、5日のサッカー国内リーグの試合が延期された。同リーグが4日までに発表した。

 犯罪が多発する南アでは、電線などケーブルの窃盗も頻繁に発生。英BBC放送によると、電力や通信など産業界への損害は、年推定10億ドル(約822億円)に上る。

 9万人以上を収容する競技場では、アイルランドの人気ロックバンド「U2」の大規模なコンサートが13日に予定されており、影響も懸念されている。

 南アからの報道によると、電線が盗まれたため電圧が変化し、競技場の照明などが損傷を受けた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月5日のニュース