岡崎 残留&打倒長友へゴール量産を誓う

[ 2011年2月5日 06:00 ]

笑顔でミュンヘン行きの飛行機に乗り込む岡崎 

 ドイツ1部シュツットガルトに入団した日本代表FW岡崎慎司(24)が4日、ドイツへ向け出発した。現在チームは17位と降格圏に低迷していることもあり「まずはチームが降格危機にあるので残留させたい。そのためにゴールを決めたい」とゴール量産を目標に掲げた。

 セリエAインテル・ミラノのDF長友の存在が「雲の上の存在になってしまった。追いついて追い抜きたい」と刺激になっているようで、「出た試合で得点を決める」と鼻息が荒かった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月5日のニュース