U-22日本代表 在留日本人と交流

[ 2011年2月5日 22:19 ]

バーレーンに到着し、初練習するU―22日本代表イレブン

 U-22日本代表は、練習前に現地の日本人学校に通う子どもやその家族約70人と交流の場を持った。

 サイン入りのユニホームをプレゼントしたほか、一人一人がサインをして回り、子どもたちを喜ばせた。関塚監督は「選手の顔をぜひ覚えてもらって、12日のバーレーンとの試合は応援に来てください」とあいさつ。最後は一緒に写真を撮った。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年2月5日のニュース