遠藤 韓国戦初勝利!親友に引導で決勝進出

[ 2011年1月26日 06:00 ]

<日本・韓国>後半、韓国の具滋哲(下)と競り合い倒される遠藤
Photo By スポニチ

アジア杯 準決勝 日本2―2(PK3―0)韓国

(1月25日 カタール・ドーハ)
 日本代表MF遠藤は攻撃では見せ場が少なかったが、後半途中から中盤の底に入って試合をコントロール。守備的となった展開で勝利に貢献した。

 過去の韓国戦は7試合に出場して3分け4敗(1PK負け)。「過去は関係ない」と話していた通り、初めて日韓戦で喜びに浸った。京都時代の盟友・朴智星が代表100戦目を迎えていたが「優勝するためには勝たないといけない」と親友を倒して決勝への扉を開いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月26日のニュース