松岡 22日から調教騎乗へ「だいぶ良くなってきた」

[ 2021年10月22日 05:30 ]

美浦トレセン訪れた松岡(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 昨年12月の香港C(ウインブライト2着)後、左大腿骨(昨年2月の落馬負傷時に骨折)の手術を行った松岡正海(37)が21日、久々に美浦トレセンに姿を現した。松岡は「今年に入って初めて来ました。トータル4回の手術をしてだいぶ良くなってきた。明日(22日)から慣らしで調教に乗りたいと思う」と笑顔で話した。今後は11月6日の東京競馬での復帰を目指していく。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2021年10月22日のニュース