【東京新馬戦】スクルトゥーラ 芝で期待の母系、鹿戸師「軽いスピードタイプ」

[ 2021年10月22日 05:30 ]

 東京土曜4R(芝1400メートル)にスクルトゥーラ(牝=鹿戸、父ロードカナロア)がスタンバイ。叔母に16年オークス2着チェッキーノ、叔父に13年皐月賞3着コディーノがいる骨っぽい母系に目が行く。芝での最終追いは4F54秒6~1F11秒2と素軽い走り。鹿戸師は「今週の動きは良かった。これでちょうど良くなると思う。軽いスピードタイプ。仕上がっているし、実戦の芝で楽しみです」と期待した。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2021年10月22日のニュース