【阪神新馬戦】超良血アルファヒディ 直前間に合った、池江師「ひと追いごとに良くなっている」

[ 2021年10月22日 05:30 ]

 阪神日曜5Rには、兄に皐月賞馬アルアイン、ダービー馬シャフリヤールがいる超良血アルファヒディ(牡=池江、父ハーツクライ)もスタンバイ。話題に稽古が付いていかない印象だったが、最終追いを確認した池江師からゴーサインが出た。川又(レースはルメール)が騎乗した最終追いはCWコースの併せ馬。半馬身先着で6F81秒2~1F11秒5の時計は水準を超えるもの。「ひと追いごとに良くなっている。まだ体が付いてこなかったが、この動きなら。ギリギリ間に合ったかな」と話していた。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2021年10月22日のニュース