【菊花賞】(2)アサマノイタズラ 2度目のコンビとなる鞍上に託す、陣営「ロスなく運ぶ」

[ 2021年10月22日 05:30 ]

厩舎周りで運動するアサマノイタズラ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 アサマノイタズラは快勝のセントライト記念と同じ2番枠からのスタート。大村助手は「偶数の内枠でロスなく運べそうなのでいいですね」と第一声。両隣に先行馬が入った並びだが、同馬は末脚勝負タイプだけに気にしなくてもよさそう。「ゲートをしっかり出れば、田辺ジョッキーがうまく乗ってくれると思います」と2度目のコンビとなる鞍上に託した。

続きを表示

「2021 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2021年10月22日のニュース