テリトーリアル 野中厩舎に転厩へ 西浦師が定年引退のため

[ 2021年2月24日 05:30 ]

小倉大賞典を制したテリトーリアル
Photo By スポニチ

 21日の小倉大賞典で重賞初制覇を飾ったテリトーリアル(牡7)は今月いっぱいで西浦師が定年引退のため、野中厩舎に転厩することが23日、分かった。西浦師は「最後の粘りはみんなの思いが通じたのかな。最高の結果でした。この先も頑張ってほしい」とエールを送った。ラストウイークとなる今週は阪急杯にブラックムーンを起用する。「9歳だけど元気いっぱい。しまいの脚を生かせたら」と力を込めた。レース後は新規開業の辻野厩舎に転厩予定となっている。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2021年2月24日のニュース