【川崎・全日本選抜】守沢 南関勢追走しG1初確定板確保「打鐘くらいから理想的な流れに」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

 単騎戦の守沢は初手から南関勢を追走。「あの並びになった時点で先行するのは深谷君しかいないと思っていた」。その読み通り、深谷が赤板で先行態勢に入る。番手捲りの郡司―和田にぴたりと続いて3着でゴール。G1決勝で初の確定板を確保した。「打鐘くらいから理想的な流れになった。南関勢のレース運びに全く隙はなかった。ただ、付いていただけで自分では何もしていない。表彰台という結果はうれしいけど、次は北日本勢とラインを組んで結果を残せるようにしたい」と前向きに話していた。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2021年2月24日のニュース