【阪急杯】ベストアクター 昨年V以来、1年ぶり出走で再現を!鹿戸師「休み明けから走る」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

 阪神メインの阪急杯に出走するベストアクターは重賞初Vを飾った昨年大会以来、丸1年ぶりの出走。鹿戸師は「体質があまり丈夫でないこともあり、帰厩がここまで延びた。ただ調教は動いている。プールも取り入れ、体も太くない」と説明。昨年は中団から一気差し。「昨年も結構メンバーはそろっていた。元々続けて使えない分、休み明けから走る馬なので」と昨年の再現を祈った。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2021年2月24日のニュース