【シルクロードS】シヴァージ 末脚勝負を貫く 野中師「うちの馬向きの馬場なのかも」

[ 2021年1月27日 05:30 ]

 荒れてきた中京の馬場を歓迎するのがシヴァージだ。スワンSに続き、前走・京阪杯も5着と歯がゆい競馬が続く。野中師は「開催が進んで先週は雨も降った。うちの馬向きの馬場なのかも」とほくそ笑む。昨年の高松宮記念5着を含め、7戦続けてメンバー最速の上がり3Fをマーク。「前走後はここを目標に順調。5着を獲りに行っても仕方ない。1着か、ベベ(最下位)でいい」と末脚勝負のスタイルを貫く。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月27日のニュース