18年NHKマイルC覇者ケイアイノーテック豪州移籍 G1・3勝の全兄フィアースインパクトの後を追う

[ 2021年1月27日 11:04 ]

18年の「第23回NHKマイルC」。内で粘るギベオンを差し切ったケイアイノーテック
Photo By スポニチ

 18年NHKマイルCを制したケイアイノーテック(牡6=平田、父ディープインパクト)の豪州移籍が決まった。年明けの前走スポニチ賞京都金杯15着後は放牧へ。9日から検疫に入り、15日に出国する。

 18年NHKマイルC後は17戦したが昨年、富士S3着が最高着順。心機一転、新天地で再スタートする。母ケイアイガーベラ(11年カペラS勝ち)の初子で1歳上の全兄フィアースインパクトは英国デビューで芽が出ず豪州移籍後に19年トゥーラクハンデ、カンタラS、20年マカイビーディーヴァSとG1を3勝。兄の後を追って南半球に渡る。

 平田師は「新天地を求めて豪州へ。国内でもうひとつ勝ちたかったけど、よく頑張ってくれました。アニキが向こうで勝っているし、大事にされる血統だと思う」とエールを送った。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2021年1月27日のニュース