落馬負傷で休養していた秋山真一郎が調教騎乗を再開「しっかり動ける状態で復帰したい」

[ 2021年1月27日 19:24 ]

秋山真一郎騎手
Photo By スポニチ

 昨年10月28日に調教中の落馬で第一腰椎の破裂骨折に見舞われた秋山真一郎(41=栗東・フリー)が27日、負傷して以来、初めて調教に騎乗した。

 この日、栗東トレセンで2頭にまたがった秋山真は「リハビリの先生をはじめ復帰を後押ししてくれた関係者の皆さんのおかげで、僕は馬の上に戻ってくることができました」と周囲のサポートと激励に感謝の言葉を並べた。実戦復帰は来週以降になるもようだが「骨折した箇所は治っているし、しっかり動ける状態で復帰したいと思います」と3カ月ぶりの馬上の感触にも違和感はなかった様子で時折、笑みを浮かべていた。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2021年1月27日のニュース