【シルクロードS】“無事これ名馬”セイウンコウセイ8歳でも!

[ 2021年1月27日 05:30 ]

シルクロードSに出走するセイウンコウセイ
Photo By スポニチ

 【東西ドキュメント・美浦=26日】無事これ名馬とは文豪・菊池寛の造語。成績にムラがあっても無事に息長く走り続ける馬を名馬と称賛した。厩舎関係者が愛馬の無事を祈願するのが「安馬さま」と呼ばれるトレセン近くの大杉神社。朝の調教帰りの道すがら、長老記者の梅崎が立ち寄ってみると…。社殿を囲む玉垣石柱にはわずか30分前に取材した調教師の名が刻まれていた。

 シルクロードSにセイウンコウセイを5年連続で出走させる上原博之調教師。「1週前追い切りでもびっしり追えたし、8歳を迎えても元気いっぱいです」。調教スタンドからその走りを見届けると、言葉を弾ませた。「前走(セントウルS17着)は暑さでバテ気味だったし、暴走気味に飛ばしてしまった。でも、冬場は調子がいい。昨秋に牧場からいったん帰厩させたが、体調が戻らないので再放牧で疲れを取りました」

 シルクロードS後は同じく5年連続出走となる高松宮記念へ。「とにかく丈夫です。無事これ名馬ですかね」。安馬さまに玉垣も奉納したトレーナーは笑った。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月27日のニュース