【菊花賞】(7)ダノングロワール “ラッキー7”で一撃

[ 2020年10月23日 05:30 ]

 まさに幸運。抽選突破の上に、7番枠を射止めたのがダノングロワールだ。椎本助手は「“ラッキー7”でいきましょう。枠は別に気にならないですね」と明るいトーン。

 前走・九十九里特別を鋭く差し切って、ラスト1冠の舞台へ。「距離が延びた方がいい馬。前走のようにしまいを生かした自分の競馬でワンチャンスを狙っていきたい」と力強かった。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月23日のニュース