ディアドラ、次走バーレーンインターナショナルトロフィー有力

[ 2020年10月23日 05:30 ]

 凱旋門賞で8着だったディアドラ(牝6=橋田)は現役を続行して、バーレーンインターナショナルトロフィー(11月20日、サヒール芝2000メートル)か香港国際競走(12月13日)のいずれかに向かうことが分かった。

 橋田師は「バーレーンか香港になると思います。ただ、(検疫の問題で)香港は厳しいかもしれませんね」と話した。凱旋門賞の後は拠点としている英国のニューマーケットに戻り、調整が続けられている。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月23日のニュース