【菊花賞】(9)アリストテレス、Vの哲学 父エピファネイア&父ディープインパクトともに戴冠

[ 2020年10月23日 05:30 ]

朝一番に厩舎を出発するアリストテレス(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 「第81回菊花賞」(25日、京都)で6分の4の抽選を突破したアリストテレス(牡=音無)は父エピファネイア、母父ディープインパクトともに菊花賞Vの“菊血統”。名手ルメールを背に大物食いを狙う。

 まことしやかに流れた噂。秋華賞で3冠制覇を成し遂げたデアリングタクト。管理する杉山晴師が安どの表情を見せたのはゴールの瞬間より、抽選対象ながら鞍上にルメールを予定していたレイパパレが除外(秋華賞直前の大原Sを川田騎乗で完勝)になった時だったとか――。

 木曜午後2時。今週のルメール騎乗予定馬は6分の4の抽選を突破した。アリストテレスのゲートインが決まり、生野助手は「とにかく出走できて何より。枠順(5枠9番)に関しては極端な外枠でもなく、まずまずでしょう」と胸をなで下ろした。

 鞍上ルメールについては騎手サイドから熱烈なオファーがあったという。手綱を取るのは未勝利戦以来7戦ぶりになるが、名手が淀の3000メートルに“舞台適性”を感じている。父が13年菊花賞を5馬身差で圧勝したエピファネイアで、母父はディープインパクト。長丁場が魅力であることは音無師も力説する。前走の小牧特別を振り返って「いったんかわされながら最後また差し返した。あの競馬を見ると相当スタミナがあると思う。ミルコは“まだ幼い、遊んでる”と言っていた。そんな面を考えても相当なスタミナだよ」と評価した。

 2冠馬コントレイルとの力関係は「雲泥の差」と謙遜して笑った指揮官だが、ひそかに一発を予感している。母ブルーダイアモンドから祖母グレースアドマイヤにさかのぼる音無厩舎ゆかりの血統。母の兄には皐月賞馬ヴィクトリー。そして阪神大賞典など長丁場の重賞で3勝を挙げ、菊花賞、天皇賞・春でともに2着のリンカーンがいる。

 コントレイルに土を付けるなら先んじて抜け出す策しかない。名手はすでに逆転のイメージを描いているはず。さあ、どう乗る? 

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月23日のニュース