【菊花賞】(13)ロバートソンキー 吉兆枠で“キセキ”再び

[ 2020年10月23日 05:30 ]

ロバートソンキーの追い切りを終えた伊藤工真騎手。感謝を胸に大舞台へ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロバートソンキーは3年前にキセキが勝った13番枠。林師は「菊花賞は決して内枠だけじゃなく、7枠が有利というデータもあります。奇数枠も気にしていません」と歓迎の口ぶりだ。

 呼吸ぴったりの鞍上・伊藤と臨む夢舞台。師は「大変、研究熱心なジョッキーです。悔いの残らないよう、好きに乗ってもらえればいいと思っています」と全幅の信頼を寄せていた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月23日のニュース