【セントライト記念】ミスターX 素質馬バビット◎ これまで5戦オール連対と底見せず

[ 2020年9月21日 05:30 ]

 セントライト記念(中山11R)は前走圧巻Vのバビットを本命に指名する。これまでの5戦でオール連対と底を見せていない素質馬だ。前走・ラジオNIKKEI賞では重賞初挑戦ながら、逃げて2着馬に5馬身差の圧勝劇を演じた。前走で代打騎乗した内田は「スタートが速くて、スピードがある」とセンスを評価。引き続き内田とのコンビ。今回は同型馬不在でマイペース先行がかないそう。さらに内田が「4コーナーで手応えがあった。どんどん加速してくれた」と振り返るように上がり3Fもメンバー最速の35秒8をマークしており、スタミナも豊富。距離延長になるが対応できるとみた。(6)から(4)(5)(7)(9)(10)。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月21日のニュース