【ローズS】戦い終えて

[ 2020年9月21日 05:30 ]

 ▼4着デゼル(武豊)外枠でスタートが悪く、つらいレースに。最後は脚を使ってくれたが、あそこまで。馬は凄く良くなっていた。

 ▼5着クラヴァシュドール(M・デムーロ)ポジションは良かったが坂で止まった。久々の分だろう。18キロ増は戻った分と多少の余裕の分。次は楽しみ。

 ▼6着リリーピュアハート(福永)いい感じで運べたが最後は同じ脚色に。追ってからのギアチェンジができなかった。

 ▼7着アカイイト(藤岡佑)もう少しポジションを取りにいきたかったが…。最後は内からしぶとく脚を使ってくれた。

 ▼8着フィオリキアリ(北村友)テンションが高いが競馬は上手。4角でもう少しうまくさばけていれば…。

 ▼9着ラインオブダンス(坂井)リズム良く運べて直線、差のないところまで来た。外枠は少しきつかった。

 ▼10着シャレード(戸崎)ずっとテンションが高くてムキになっていた。ワンターンが合っていそう。

 ▼11着フアナ(ルメール)ずっと忙しかった。直線は少しだけ伸びたが坂で止まった。

 ▼12着アブレイズ(藤井)リズム良く運べたが直線はあれ?って感じ

 ▼13着ヤマニンプティパ(竹之下)ロスなく経済コースを通れたが…。

 ▼14着シャムロックヒル(団野)外を回って手応えは良かったが…。

 ▼15着セウラサーリ(池添)左回りに替わって右に張っていた。コーナー4つの競馬が初めてで道中、力んでいた。

 ▼16着チャイカ(松山)スタートでつまずき、この馬の競馬ができなかった。

 ▼17着エレナアヴァンティ(幸)最後は止まったが力はあると思う。

 ▼18着ウーマンズハート(藤岡康)3コーナーを過ぎてから手応えが怪しくなり…。距離的なものがあるのかも。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月21日のニュース