【伊東・ガールズC】鈴木美 地元の利生かして初タイトルへ「バンクの特性を知っている」

[ 2020年9月21日 05:30 ]

 5月の大垣V以降は勝ち切れない流れが続いていた鈴木美だが、その理由は「コロナで開催中止が続いた時に練習をしすぎてペダリングが崩れていた」と明白。この部分を修正できてからは静岡→前橋→川崎で怒とうの3連続V。最高の流れでホーム開催のコレクションに合わせてきた。「かなりいい状態で乗り込めたと思います。ここで(コレクションを)走れることはうれしいし、7人の中では誰よりもバンクの特性を知っていると思っている」。地元の利を最大限に生かすことができれば、初タイトルにも手が届く。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月21日のニュース