【中山新馬戦】ペイシャフェスタ 押し切りV!武士沢「まだ締まる余地がある」

[ 2020年9月21日 05:30 ]

 中山5R新馬戦(芝1600メートル、牝馬)は6番人気ペイシャフェスタ(高橋裕、父マクフィ)が3番手追走から外に出し、残り150メートルで先頭に立って押し切った。今年の牝馬2冠デアリングタクトの全妹マオノジーナスは猛追及ばず3着。武士沢は「意欲的に乗り込んで仕上がっていたが、まだ締まる余地がある。テンションが高い馬なので上手にやっていきたい」と笑顔だった。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月21日のニュース