【伊東・共同通信社杯】中本 燃えるビッグ初決勝「悪いイメージ払しょくできた」

[ 2020年9月21日 05:30 ]

 中本が初のビッグ決勝を決めた。準決11Rは前受けして清水の番手で粘る。最終的に番手を取り切るとバックから踏み込んでいく。その上を捲っていった脇本には離されたが2着でゴールした。「絶好調時でもビッグでは勝てないのに鎖骨、肋骨を相次いで骨折する中でよく勝ち上がれた」。伊東では3年前に頸椎(けいつい)を骨折する大ケガがあり出走を見送っていた時期もあった。「悪いイメージしかなかったけど払しょくできた」。決勝は4車結束する九州の3番手。前2人の自力型の動き次第で出番もありそうだ。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月21日のニュース