【大井・東京ダービー】エメリミットV!鞍上・山口とともに重賞初制覇でビッグタイトル

[ 2020年6月4日 05:30 ]

東京ダービーを快勝し、南関3歳馬の頂点に立ったエメリミット(馬番2)
Photo By スポニチ

 南関東3歳チャンピオンを決める「第66回東京ダービー」(S1)が3日、大井競馬場で行われた。9番人気の伏兵エメリミットが直線馬場の中央をしぶとく伸びて優勝した。手綱を取った山口はデビュー17年目にしての重賞初制覇がビッグタイトルとなった。また、同馬と2着マンガンには「第22回ジャパンダートダービー」(G1、7月8日、大井)への優先出走権が与えられた。また、羽田盃2着から参戦予定だったブラヴール(牡=船橋・佐藤太)は右後挫石のため競走除外となった。

 内エメリミット、外マンガン。残り100メートルから始まった馬体を併せての激しい競り合いはゴールまで続いた。最後の最後、エメリミットが首差振り切ったところがゴールだった。

 「(前走と同じように)また差されるかな、と思ったが馬が頑張ってくれました」

 人馬ともに重賞初制覇で何と「ダービージョッキー」の称号までも手に入れた山口は興奮を抑えるように振り返った。

 好スタートを切ると内の4番手でピタリと折り合いをつけて流れに乗る。絶好の手応えに勝負どころの3コーナーでも慌てない。直線を向いた瞬間、前が空かないと瞬時に判断。馬体を馬場の中央に持ち出したところが最大の見せ場だった。後は追うだけ。最後は山口の執念が勝った。

 「道中リラックスして走っていたので最後は伸びるかな、と。重賞が獲れたのはたまたま。まだ勝った実感が湧かない」と山口は照れたが口元は緩みっぱなし。13年のインサイドザパーク以来2度目の制覇となった林正人師は「2回も勝ててうれしい。負担をかけさせたくなかったのでレース前に鞍上には特に声を掛けなかったがよくやってくれた。こいつが勝ったのが本当にうれしい」と愛弟子の勝利を手放しで祝った。

 次走は「状態を見てから」と林師は明言を避けたが、ダービー馬の称号を得た同馬のさらなる成長が楽しみだ。

 ◆エメリミット 父シンボリクリスエス 母プーカ(母の父キングカメハメハ)牡3歳 船橋・林正人厩舎 馬主・太盛 生産者・北海道新ひだか町の飯岡牧場 戦績12戦6勝 総獲得賞金6362万5000円。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年6月4日のニュース