【安田記念】クルーガー 1F12秒0“成熟”仕上げ!高野師は満足げ

[ 2020年6月4日 05:30 ]

<安田記念>坂路を駆け上がるクルーガー(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 8歳馬クルーガーは堂々としたもの。坂路の最終追いは単走で4F52秒6~1F12秒0をマーク。高野師は満足げだ。「先週は動く馬を追いかけて負荷をかけた。今週は単走だが、視界に入るポジションに馬を置いて気を抜かせないように」と最終仕上げの意図を説明した。「以前は使って使って良くなる馬だったがもうベテラン。疲れを残さないフレッシュな状態で出したい」。国内G1は約2年半ぶりになるが、海外遠征も含めた豊富なキャリアで若い馬に挑む。 安田記念

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年6月4日のニュース