【安田記念】プレミアム 楽々好時計4F52秒5「体にボリューム出た」

[ 2020年6月4日 05:30 ]

<安田記念>坂路を駆け上がるダノンプレミアム(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 豪州帰りになるダノンプレミアムは坂路で軽快。楽に4F52秒5~1F12秒3の好時計を叩き出した。先週CWコースで長めから時計になる(7F98秒0~1F11秒8)強い負荷をかけており、最後のスパイスを利かせた格好だ。中内田師は「1週前にソコソコやったので坂路でサッと。以前に比べて体にボリュームが出て精神面も成長した」と完成した愛馬に目を細める。「どんな条件、どんなペースでも力を出せる。強いメンバーですが、この馬もその中の一頭だと思います」と自信をみなぎらせた。 安田記念

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年6月4日のニュース