【安田記念】ノーテック 切れ切れ11秒8 平田師も満足顔「とにかく具合いい」

[ 2020年6月4日 05:30 ]

<安田記念>坂路を駆け上がるケイアイノーテック(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 出来の良さならメンバー中一番かもしれない。ケイアイノーテックは坂路単走で4F52秒6。気合をつけられたラスト1Fは11秒8と切れに切れた。平田師は「最後は12秒台かと思ったが…。馬場もいいのかも。とにかく具合はいい」と満足顔。不振が続くがチークピーシーズを初めて装着した前走の京王杯SCは復活の兆しを感じさせる6着。「スタートから、せかすと良くないことも分かってきた。かみ合い始めたな」と期待を込めた。 安田記念

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年6月4日のニュース