【鳴尾記念】ラヴズ 合格点ラスト11秒5 まだ完調途上も叩いた上積み大

[ 2020年6月4日 05:30 ]

<鳴尾記念>CWコースを軽快に駆け抜けるラヴズオンリーユー
Photo By 提供写真

 鳴尾記念の追い切りが行われた。昨年のオークス馬ラヴズオンリーユーは岡助手を背にCWコース入り。単走で5F71秒3、ラスト11秒5とシャープに伸びた。「半マイル(4F54秒2)しかやっていないのもあるが、しまいはいい伸びだった」と同助手は合格点だ。

 3月にドバイ入りしたが開催が中止になって帰国。ヴィクトリアマイル7着で休み明けをひと叩き。ただ、中東を往復した影響はまだ残っていそうだ。「グッと良くなったか?と言われるとどうかな」と同助手は控えめ。矢作師も「まだ絶好調ではない」と慎重なコメントを出した。その上で「叩いた上積みはある」(同師)と強調。これらを総合すると、まだ完調には達していないが着実に上昇ムードにある。そういう判断でいいはずだ。

 牡馬相手は新馬戦以来だがオークスVの戦歴から、むしろ受けて立つ立場。矢作師は「前走は半年ぶりの競馬。ここなら54キロで出られるし2000メートルもいい。負けられない気持ち」と力を込めた。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年6月4日のニュース