【寺下の変 特別編】16日京都10R 連勝中ベストタッチダウンの逃げ推し

[ 2020年2月16日 08:00 ]

 今年に入って、ダート界では勢いで連勝を重ねる逸材が続々と誕生している。ロードレガリスは中央に戻った昨秋から4連勝中。オープン初挑戦だった先週のアルデバランSも、着差以上の強さで快勝した。マグナレガーロも1日の舞鶴Sを勝ち、3連勝でオープン入り。先月の羅生門Sを制したラプタスは、ダートに転向して4連勝を決めた。今日のバレンタインS(東京10R)でオープンに初挑戦する。5連勝なるか注目だ。

 京都10R・北山特別でも、連勝を伸ばしそうな逸材がいる。◎ベストタッチダウンは、昨秋の条件戦を2連勝。ともに逃げ切りで、2走前は1秒7差の大差勝ち、前走も3馬身差の楽勝だった。前走は1分49秒5の好タイムでV。その前の週に同じ不良馬場で太秦Sを制したエアアルマスと比べても0秒4遅いだけ。ポテンシャルはオープンクラスだ。3勝クラスのここは通過点。川田を背に、逃げて後続を完封する。

 馬券は単勝と馬連流しで相手はグレートタイム、リワードアンヴァル、グアン、ブラックウォーリア、カレンカカ、フリーフリッカー、ブライトンロックの7頭へ。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年2月16日のニュース