【京都記念】ミスターX アルメリアブルーム本命!得意の淀で念願の初重賞へ

[ 2020年2月16日 05:30 ]

 伝統の古馬重賞・京都記念(京都11R)は6歳牝馬のアルメリアブルームを本命に指名する。日曜は雨が予想される京都競馬場。重馬場を得意とするドリームジャーニー産駒のこの馬に高配当の夢を託したい。

 重馬場だった前走の愛知杯はぬかるんだ馬場も苦にせず、うまくレースの流れに乗って2着。勝ち馬の決め手に屈したものの重賞級の力があることを証明した。クロノジェネシスにエリザベス女王杯で0秒4先着を許した際は重量差が2キロあったが、今回は同じ54キロ。雨を味方に付ければ十分に逆転は可能だ。所属クラブの規定により3月での引退が控えている。全5勝のうち4勝を挙げている得意の淀で念願の重賞初タイトルをつかむ。(6)から(1)(4)(5)(7)(8)。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2020年2月16日のニュース