【こぶし賞】サトノインプレッサ差し切ってデビュー2連勝!川島「じっくり運びました」

[ 2020年2月16日 15:12 ]

<京都9R・こぶし賞>ゴール前でギルデッドミラーを捕らえ勝利するサトノインプレッサ(中央)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 スタートが決まらず最後方から運んだサトノインプレッサ(牡3=矢作、父ディープインパクト)が直線、外に出してエンジン全開!次々と前をかわすと最後はギルデッドミラーを首差でとらえ、デビュー2連勝のゴールを駆け抜けた。

 川島は「スタートで遅れたけど脚は分かっていたので位置取りは気にせず、じっくり運びました」と安どの笑み。矢作師は「頭数が少なくて良かった。テンションが高いのが課題。マイル路線に行くか長いところに行くのかオーナーと相談します」と先を見据える。

 母サプレザは09年から11年まで英G1サンチャリオットS3連覇を飾り、3年連続の日本遠征でマイルCS(09年3着、10年4着、11年3着)に出走した。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年2月16日のニュース