【東京新馬戦】ロッタチャンセズ、インから豪快差し 石橋「最後にいい瞬発力を見せてくれた」

[ 2020年2月16日 05:30 ]

レースを制したロッタチャンセズ(中)、2着のタツオウカケンラン(奥)、3着のメイショウカイコウ(手前)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東京6R(芝1800メートル)は、4番人気ロッタチャンセズ(牝=堀、父ディープインパクト)がインから豪快に差し切った。石橋は「馬場のいいインにこだわった。なかなか馬群が空かなかったが最後にいい瞬発力を見せてくれた。余力があったし、このまま順調にいってほしい」と高い将来性を感じていた。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2020年2月16日のニュース