【梅ちゃん先生 特別編】16日小倉10R ジャーミネイトで大穴狙い

[ 2020年2月16日 08:00 ]

 草木が芽生える雨水(うすい)の季節。本紙コラムでは東京10Rのドリュウをイチ推ししたが、小倉にも雨水の穴馬がいる。英語で「発芽」を意味するジャーミネイト(小倉10R)。使い込むと疲れがたまる体質だけに狙うなら休み明け初戦だ。全3勝のうち2勝は休養明け。鉄砲に実績もある。平たん小回りコースを求めての小倉遠征。馬群を気にするだけに外寄りの枠もプラスだ。

 ≪東京11R トウダイをイチ推し≫東京11R・共同通信杯は2連勝中のココロノトウダイから。中間の放牧で馬体は急成長。休養前よりも柔らかくなったフットワークにも好感。父エイシンフラッシュ譲りの息の長い末脚が持ち味だ。「(3戦3勝の)マイラプソディは強敵だが、先に動いて持久力で押し切りたい」と手塚師も手応えを膨らませる。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2020年2月16日のニュース