【秋華賞】(16)パッシングスルー 栗東調整奏功

[ 2019年10月13日 05:30 ]

 栗東で調整を続けるパッシングスルーは角馬場で運動。鈴木助手は「いい意味で変わらない。追い切り後も落ち着いているし結果的に栗東で調整ができて良かった」と滞在効果を感じている。前走・紫苑Sは好位から勝負根性を発揮して重賞初制覇。「予想以上に体が増えて余裕があった。使って絞れたし上積みはある。外枠だけど前回も、うまく立ち回っていた。大丈夫」とG1初参戦に気合十分だ。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月13日のニュース