【寺下の変 特別編】13日京都8R 最内枠グランドビクトリーの逃げ推し

[ 2019年10月13日 08:00 ]

 土曜の京都は1Rから不良馬場でスタート。ダートは前が止まらない。土曜は1、4、6Rと逃げ馬が3連勝。今日は天気が回復する予報だが、たっぷり水分を含んだダートは引き続き、スピード決着が濃厚だ。逃げ推ししよう。

 秋華賞◎パッシングスルーへの投資資金は、京都8Rのグランドビクトリーで稼ぐ。ブリンカーを着けた近2走は、行きっぷり良く先行して連対(2→1着)。重馬場だった前走は、2馬身半差の逃げ切りだった。あの勝ちっぷりなら昇級しても通用するはず。再び、スピードが生きる道悪の馬場になったのも好材料。

 土曜京都4Rの新馬戦は同じ最内枠に入った和田&鈴木孝厩舎のラーラクロリ(8番人気)が逃げ切った。その再現に期待したい。

 馬券は単勝&馬連流しで相手はドラセナ、コパノマーティン、キセキノツヅキ、マイネルプリサイス、アシャカリアン、ナムラシェパード、メイショウオニテの7頭へ。

続きを表示

「2019 有馬記念」特集記事

「暮れの中山の名物レース 中山大障害」特集記事

2019年10月13日のニュース