【秋華賞】2着カレンブーケドール 津村騎手「勝ち馬の切れ味が一枚上でした」

[ 2019年10月13日 16:33 ]

<京都11R・秋華賞>直線抜け出したクロノジェネシス(左端)が快勝(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 牝馬3冠最終戦の「秋華賞」が京都競馬場で行われ、4番人気クロノジェネシス(斉藤崇)が力強く伸び、悲願のG1初制覇を飾った。

 2着はオークス2着のカレンブーケドール(国枝)。騎乗した津村は「勝ち馬をみながらいけたし位置取りは良かった。最後も狭いところを割って根性をみせてくれたが、勝ち馬の切れ味が一枚上でしたね。結果は悔しいけど、馬は成長しているし、これから楽しみです」と前を向いていた。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月13日のニュース