【新馬戦総括】ラツワン 目立った雄大なフットワーク

[ 2019年8月26日 05:30 ]

小倉5R新馬戦を勝ち上がったメイショウラツワンと和田
Photo By スポニチ

 小倉芝2000メートルを好位から抜け出したメイショウラツワンは、ルーラーシップ産駒らしい雄大なフットワークが目についた。小回りでのデビュー勝ちとなったが、本領発揮は東京や京都外回りといった直線が長いコースだろう。

 札幌ダート1700メートルを差し切ったヴォルストは、現2歳がファーストクロップとなる父キズナに産駒のダート初勝利を届けた。力強いフットワークでダート中距離向き。1つ上の半兄がダート3勝のゴルトマイスター、叔父がセイウンコウセイと血統構成も筋が通っている。 

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年8月26日のニュース