【札幌新馬戦】カルナック逃走V 丹内「まだ良くなる」

[ 2019年8月26日 05:30 ]

札幌新馬戦を逃げ切って勝ったコスモカルナックと丹内
Photo By スポニチ

 札幌5R新馬戦(芝1200メートル)は好発から楽なペースで逃げたコスモカルナック(牡=菊沢、父キングヘイロー)が悠々と押し切った。

 丹内は「ゲートが速かったし、いいスピードもあります。直線で遊んでいたように、まだ良くなりそうだし、距離が延びてもいいですね」と笑顔でコメント。菊沢師も「体形やフットワークからは延びて良さそう」と話したが、まずは同じく1200メートルのすずらん賞(9月1日、札幌)への連闘を視野に入れている。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年8月26日のニュース