【小倉新馬戦】ラツワン差し切りV 和田「扱いやすい」

[ 2019年8月26日 05:30 ]

小倉5R新馬戦を勝ち上がったメイショウラツワンと和田
Photo By スポニチ

 小倉5R新馬戦(芝2000メートル)は1番人気メイショウラツワン(牡=南井、父ルーラーシップ)が外から力強く伸びて差し切った。

 和田は「ペース的に思ったほど(2着馬を)離せなかったが、扱いやすくておとなしい馬。長いところで楽しみ」と期待の口ぶり。母ルサビは08年ダービー馬ディープスカイの全妹。南井師は「期待通り。いいフットワークだったね」と笑顔だった。次走は未定。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年8月26日のニュース