【キーンランドC】タワーオブロンドン2着 適性再確認

[ 2019年8月26日 05:30 ]

 後方追走となった2番人気のタワーオブロンドンが馬群の内めをさばいて伸びて、接戦の2着争いを制した。ルメールは「スタートの1、2歩目でつまずいてしまったけど、ラストは凄くいい脚でした」と満足顔で振り返る。以前はマイルで活躍していたが「元々スプリンターだと思っていたし、やっぱりベストは1200メートルから1400メートルです」と明言。適性を再確認した。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2019年8月26日のニュース