【新潟新馬戦】リグージェ鋭伸V 丸山「いい瞬発力」

[ 2019年8月26日 05:30 ]

新潟新馬戦を制したリグージェ(手前)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 新潟5R新馬戦(芝1800メートル)は後方から直線大外を伸びた4番人気リグージェ(牡=木村、父ブラックタイド)が、並んで伸びたアドマイヤミモザとの叩き合いを鼻差で制した。「調教ではジリジリ伸びる馬と聞いていたが、いい瞬発力だった。追い出しを待たされて、進路を切り替えてもあれだけの脚を使った」と丸山。「気性が前向きすぎる面があるので、その点をうまくコントロールしていけば」と課題を挙げつつ将来性を高く評価した。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年8月26日のニュース