【新潟2歳S】戦い終えて

[ 2019年8月26日 05:30 ]

 ▼4着クリアサウンド(松山)外差しが決まる馬場で内枠が厳しかった。内にもたれ、なかなか外にも出せず。そんな中で4着だから力はある。

 ▼5着エレナアヴァンティ(内田)ポンと出てリズムよく運べた。うまく息が入って粘れるかと思ったが、上位が強かった。

 ▼6着シコウ(木幡巧)枠が厳しかった。ジワジワ伸びており、まだ良くなる余地がある。

 ▼7着ウインカーネリアン(松岡)前につけたかったがゲートが悪くて位置が後ろに。馬のいいところを出せなかった。

 ▼8着モーベット(福永)3角手前でゴチャついてスムーズな競馬ができなかった。力を出し切れなかった。

 ▼9着トロワマルス(木幡初)ペースが落ち着いたところでハミをかんだ。その分、最後の脚が鈍くなった。

 ▼10着サナチャン(武士沢)内で立ち上がった馬を気にして、横を向いた際にゲートを切られてしまった。

 ▼11着トライフォーリアル(丸山)ゴチャついた競馬で馬が気負ってしまった。瞬発力勝負は分が悪いのかも。

 ▼14着セツメンノトビウオ(北村宏)スタートは良かったが、終始手応えが苦しかった。

 ▼15着グライユル(鹿戸師)流れに乗れず。ジョッキーは距離が長いかもと言っていた。

 ▼16着グランチェイサー(田辺)制御が利かなかった。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年8月26日のニュース