PR:

【オークス】2冠風味アーモンド!ルメール連覇へ自信あり

ルメールを背に併せで追い切るアーモンドアイ(右)
Photo By スポニチ

 史上14頭目の牝馬クラシック2冠へ王手をかけた。「第79回オークス」(20日、東京)の追い切りが16日、美浦、栗東トレセンで行われ、桜花賞馬アーモンドアイがシャープな動きを披露。レース当日に39歳の誕生日を迎える主戦、クリストフ・ルメールは歴代6人目のオークス連覇を飾る意気込みだ。同レースの枠順は17日に確定する。 オークス

 アーモンドアイの手綱から伝わってくるのは牝馬2冠獲りの確信。ルメールは追い切りを終えると、珍しく顔を紅潮させながら口火を切った。「オークスは昨年(ソウルスターリングで優勝)よりもっと自信があります。完璧な馬だから絶対に大丈夫」。強い口調で言い放つと、こう続けた。「素晴らしい牝馬はたくさんいるが、アーモンドアイは…そう、特別な牝馬です」

 ボディービルダーのように浮き立った筋肉がウッドチップの上で収縮する。「桜花賞から1カ月ちょっとで筋肉量が増えたよね」。馬体の成長を口にする国枝師の双眼鏡の先で、カミソリのような末脚を繰り出した。ルメールの手綱は抑えられたまま、2馬身先行したレッドローゼス(4歳1600万)と併入。「トップコンディションです。リラックスして、反応も良くて、息も入っていた。レースでもそうですが、直線で手前(軸脚)をコロコロ替えながら加速していく、珍しい走りです」とルメール。馬体が柔らかく、しなやかな証だろう。

 短距離王ロードカナロアの初年度産駒。未経験の2400メートルが2冠獲りへの関門になるが、「賢いから距離は心配ないです」とルメールは言う。「頭がいいので直線に入るまでリラックスしていて、無駄なエネルギーを使わない。プロフェッショナルな馬です。しかも、跳びが大きいのでだんだんスピードに乗って、一番大切なラスト300メートルが凄い。こういう馬は長い距離もOK」。3冠牝馬アパパネを管理した国枝師も距離延長に感触を得ている。「アパパネは母が短距離馬だったが、こちらはフサイチパンドラ(06年オークス2着)。アパパネより気持ちに余裕があるし、最初の800メートルをゆっくり走れば、あと(1600メートル)は桜花賞と同じだから」とシンプルに捉えている。

 桜花賞では次元の違う末脚で突き抜けた。「僕はパッセンジャー(乗客)でした。それでも“独り勝ち”。ウイークポイントが見つかりません。レース当日は僕の誕生日だから大きなプレゼントをもらいます」とルメール。その口ぶりから伝わってくるのもオークス連覇と牝馬2冠獲りの確信だ。

[ 2018年5月17日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:09月23日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース