【日本ダービー1週前追い】ワグネリアン、反撃ムード漂う

[ 2018年5月17日 05:30 ]

CWコース、併せ馬で一杯に追い切られたワグネリアン
Photo By 提供写真

 ワグネリアン(牡=友道)が攻めの稽古で順調をアピールした。藤岡康(レースは福永)が騎乗、CWコースで中ポポカテペトル(4歳オープン)、外ジュンテオドーラ(4歳500万)との3頭併せ。ラストは左ステッキが入り、しっかり追われた。6F77秒4〜1F11秒7と破格の時計で最先着を果たした。「時計も速いし、追ってからも良かった。折り合いも付いていました」と友道師。皐月賞は1番人気で7着に敗れた。「前走後もダメージはないし、ここが一番の目標ですからね」。エンジンのかかりが遅いタイプで、いかにも直線の長い府中向き。反撃ムードが漂う。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年5月17日のニュース