【オークス】カンタービレ、坂路で馬なりキビキビ好時計 

[ 2018年5月17日 05:30 ]

坂路で追い切るカンタービレ
Photo By 提供写真

 フラワーCを制したカンタービレは新コンビを組む田辺が栗東に駆け付け、感触を確かめた。坂路を馬なりでキビキビと駆け上がり、4F52秒4の好時計をマーク。鞍上は「動きは良かった。リラックスしていたし反応を待てる感じ。乗りやすい」と笑顔で引き揚げてきた。前走で負かした2着のトーセンブレスは桜花賞でも4着に好走。「きゃしゃな牝馬という感じなので、軽い芝の方が良さそう」と良馬場を願っていた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年5月17日のニュース