【日本ダービー1週前追い】タイムフライヤー、巻き返し狙う

[ 2018年5月17日 05:30 ]

 ホープフルSの覇者タイムフライヤー(牡=松田)は内田が騎乗してCWコースでダノンロッソ(4歳1000万)と併せ馬をこなした。最初はゆっくり入り、ラストはしっかり追われ6F80秒6〜1F12秒3をマーク、3馬身先着した。内田は「体が使えていたし、動きは良かった。ラストも12秒台前半で動けていますからね」と話した。ダービー2勝トレーナーの松田師は「見た目にも奇麗な追い切りができた。安心度は今回の方が高い」と皐月賞10着からの巻き返しを狙っていた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年5月17日のニュース