【オークス】アルテミス、軽く仕掛けて好反応ラスト12秒4

[ 2018年5月17日 05:30 ]

坂路で追い切るトーホウアルテミス
Photo By 提供写真

 矢車賞を勝ってG1に挑戦するトーホウアルテミスは、坂路単走でラスト軽く仕掛け気合を注入した。ラスト1Fは12秒4。谷師は「最後の反応が良かった。何戦も使っているし、キープという感じかな」と及第点を付けた。近3走で2勝と上昇ムード。半兄トーホウジャッカルは3歳5月のデビューから秋の菊花賞を制した。「ジャッカルよりは順調に使えている。長い距離を経験しているのは強み」と急成長を武器に兄に続くG1タイトルを狙う。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年5月17日のニュース