【オークス】ワルキューレ、力強い脚さばきで後半グイグイ加速

[ 2018年5月17日 05:30 ]

坂路で追い切るサトノワルキューレ
Photo By 提供写真

 サトノワルキューレは坂路単走で4F57秒5。一見するとかなり軽めの最終調整だが、馬なりで後半2Fは13秒1→12秒9と加速し、グイグイ伸びる力強いフットワークで好調をアピール。「思っていたのと1秒くらい遅かったが、馬場が重かったし十分な調整はできた。馬は出来上がっている状態。あとはテンションを上げず、体を膨らませたいと思った」と角居師も納得の表情で見守った。

 デビュー時から緩さはあったが長くいい脚を使い、折り合いに心配がなかった。「2戦目で負けてから、慌ててつくらない方がいいと思った」と、桜に見とれることなく真っすぐに樫舞台を目指し、本番と同距離を2度経験させた。「距離もコースも走っているし、こういう距離に合わせて使ってきたのでいい競馬をしてもらえると思う」。ストップ・ザ・桜花賞組。現役最多のオークス3勝目を狙う敏腕指揮官が最強の刺客を放つ。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年5月17日のニュース