【ジャパンC】ミルコ 距離延長も「2400の方が断然いい」

[ 2017年11月24日 05:30 ]

ジャパンCはサトノクラウンに騎乗するM・デムーロ
Photo By スポニチ

 【M・デムーロに聞く】

 ――天皇賞・秋を振り返って。

 「結果的に2000メートルはちょっと忙しかった。10キロ増は問題なく、体は太くはなかった。キタサンブラックは4コーナーでも凄い手応え。僕のは直線でジリジリ。距離と久しぶりが影響したんだと思う。それでも首差まで迫った。僕のもよく頑張っている」

 ――今回は400メートル延長。

 「2400メートルの方が断然いい。休み明けを使ったことで、反応も良くなってくると思う。馬場?軟らかい馬場は得意だけど、良馬場でも大丈夫。(右回りの)宝塚記念を勝ったけど、左回りも同じぐらい走る。広い東京コースはこの馬には合っている」

 ――ライバルは?

 「たくさんいる。ジャパンCだからね。枠順は極端な外だけは嫌だった。ペース次第だけど、中団あたりで進めたい。楽しみにしているよ」

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2017年11月24日のニュース